名刺の紙質でオリジナリティーを出す

名刺は、自分の名前を相手に覚えてもらうための非常に大切なアイテムです。
受け取った人に、自分のことを覚えてもらうために、デザインを凝ったものにしたり、写真を入れたりと、いろいろな工夫を行っています。
会社のイメージなどもあるので、奇抜なデザインにすることが出来なかったり、モノクロにしなくてはならないというケースもあります。
オリジナリティーを出す要素としては、デザインだけでなく、紙質を変えることもポイントになります。
触り心地の異なる紙をしようすると、受け取ったときの印象が異なるので、覚えてもらいやすくなります。
紙の厚さや、触り心地、見た目の雰囲気の違いなどがあるので、自分のイメージに近いものを選ぶと良いでしょう。
同じ白色の紙でも個性を出すことが出来ます。

名刺の紙質の選び方のポイントとは

いろいろな紙質を使用することが出来ますが、名刺に向いているものと不敵なものがあります。
向いているものとしては、きれいな白色で、プリントした時にきれいにプリントが反映されることです。
素材によっては、表面がでこぼことしていて、プリントが歪んでしまったり、文字がつぶれて読みにくくなってしまうというものもあります。
他にも、厚さにも注意しましょう。
厚すぎるものは、かさばってしまうのでケースに入れて持ち運べる枚数が少なくなってしまいます。
また、受け取った側も複数枚が重なってしまっているように錯覚を起こしてしまうので、注意が必要です。
触ったときにつるつるとした質感の紙は、インクがにじんでしまったり、特殊なプリンターが必要となることもあるので注意しましょう。

オリジナリティーを出すポイントとは

オリジナリティーを出すポイントには、紙の素材にこだわるだけでなく、デザインにこだわることもあります。
プリント面に個性を出せない場合には、四隅をカットして角を丸くするだけでも、他の人との差をつけることが出来るでしょう。
また、ハートや花型などにパンチングしても個性を出すことが出来ます。
デザインで個性を出すことも可能です。
目を引くようなカラーのラインを一本入れるだけでも、注目されるようになります。
会社にキャラクターがいる場合には、イラストを入れるなども良いでしょう。
会社のイメージや、その人のイメージをしっかりと伝えることが出来るように、デザインを工夫すると良いでしょう。
カラフルにし過ぎると、名前や連絡先などの重要な情報が見にくくなってしまうので、注意しましょう。