知っておきたい名刺の紙質の選び方について

名刺のデザインの中でも、紙質の選び方も重要なポイントになります。どのような用途で使用するかによって、印刷用紙の選び方も変わるからです。例えばコート系の光沢のあるタイプはカラー写真が映えるものです。そのために芸術系の会社や店舗で使用する場合に適しています。逆にマット系のような落ち着いたものであれば、弁護士やビジネスマンが使うのに適します。このように使う用途に応じてどんな質感を選べば良いのかを知っておくと、宣伝効果を高めることができます。基本的にはコート系とマット系に分かれますが、他にも様々な特殊紙もあります。業者によって用意している用紙は異なるので、自分が求めるものが用意されているかも業者選びのポイントになります。また同じような質感でも異なる用紙が多くあります。

コート系の用紙の活用方法

コート系の紙質となる用紙は、派手なデザインの名刺に向いています。インキの発色が良いので、カラー写真があれば綺麗に印刷できます。芸術に関わるような職業や出版社、美容系の会社で利用されることが多く見られます。また美容院などのショップでも良く利用されています。見た目が派手になるので、お店の宣伝にも集客にも役に立つというわけです。また引退後の個人的な紹介に使う場合も、フランクな印象を与えたい時に利用できます。用紙代も安めであることも人気の理由です。また水に濡れても撥水性があるので傷みにくい利点があります。逆に信用を得る必要があるような職業にはあまり向いていません。例えば士業のような職業の場合には、光沢感を無くした方が高級感を演出することができます。

マット系の用紙の活用方法

落ち着いた質感となるマット紙は、高級感も与えることができます。そのために堅い印象を与える職業に向いています。弁護士や税理士などといった人が好んで使う紙質です。インキは沈み込みやすいので、コート系のような発色はありません。けれども落ち着いた雰囲気が相手に安心感を与えることになります。信用感も演出できるので、ビジネスを行う場合には大いに活用できます。水に濡れると傷みやすいので注意が必要です。マット系にはさらに高級感のあるエンボス紙があります。表面がデコボコしているので、あまり細かなデザインには向いていませんが、相手にはより安心感を与えることになります。またコート系よりも用紙のバラエティに富んでることが特徴となります。価格も少し高めとなることに注意が必要です。