紙質によって変わる名刺の印象について

名刺は使用する紙質によって、その印象は大きく変わります。そのために、どのような用紙がどんな目的で使うものに向いているのかを知っておく必要があります。大きく分けると光沢のあるコート系と、光沢が無いマット系があります。さらに特殊紙も業者によって色んなタイプを用意しています。どのタイプがどんな職種に合うのか、あるいは宣伝効果を高めるのか知っておくと役に立ちます。主に特殊紙は自営業などのクリエイティブな仕事に携わる人に利用されます。透明なフィルム状のものや水に強いユポなど、個性的なものが多く用意されています。けれどもネットプリントの場合には、コスト削減のために用紙の種類は限定するのが一般的です。そこで自分が求める質感の用紙を用意している業者を選ぶという方法もあります。

光沢のある用紙を活用できる職種とは

光沢のある紙質の名刺は、デザイン性を重視する職業の人に多く利用されています。インキの乗りが良いので発色に優れることから、カラー写真などが映えることになります。美術系や美容系の職業に向いていると言えます。目立つので宣伝効果もありますし、美容院のような店舗でも集客のために活用できます。オンデマンド印刷でも良いのですが、できれば高精細となるオフセット印刷で作成したいものです。単価は注文枚数が多くなるほど安くなるので、できる限り多めに注文するのがポイントとなります。あるいは個人でプライベート用にも活用できます。少ない枚数で注文するならば、オンデマンド印刷が安く頼めます。ネットから簡単に注文できるので、全国どこからでも宅配によって納品してもらうことができます。

光沢が無い用紙の活用方法とは

一方で光沢が無いマット系の紙質であれば、落ち着いた雰囲気から高級感を感じさせることができます。主にビジネスマンや弁護士などの士業の人に好まれる特徴を持ちます。印刷用紙としてはユーライトやニューエイジが一般的ですが、さらに高級感を持たせるならばエンボス紙がお勧めです。相手に信頼感を与えることもできるので、新規顧客を開拓する場合にも活用できます。価格はコート系よりも若干高めに設定されることが多く、種類も豊富にあります。そのために扱う用紙は業者によって異なるので、色々と試してみてから業者を絞るというのもひとつの手段です。箔押しといった加工を行うのも、このマット系の用紙の方が向いています。さらに特別感を演出することができるので、得意先を増やしたいビジネスマンや個人事業主などにお勧めです。