名刺で選ぶ紙質について知っておきたいこと

名刺の印刷を注文する際に、どの印刷用紙を選ぶかによって仕上がり具合が異なります。紙質によって受ける印象が違うのが理由ですが、用途に応じて用紙を選ぶことで求める効果が選べます。例えばビジネスマンなどは取引相手に安心感を与えることが必要になります。そのような用途では落ち着いた雰囲気の用紙を選ぶのがベストです。逆に派手な印象を与える用紙の場合には、デザイン系やファッションなどに関わる仕事に向いています。あるいは個人で作成する場合にも、目立つデザインにしたいので派手な印象を与える用紙が選ばれます。このように利用シーンに応じた用紙選びが必要になりますが、どんな質感であればどのような印象を与えるのかを把握する必要があります。基本的に用紙には光沢系と非光沢系があることを知っておけば大丈夫です。

光沢系の用紙の特徴について

名刺で使う用紙の中で、光沢のある紙質のものがあります。コート紙と呼ばれるものですが、表面に艶があるのが特徴です。このような質感の用紙はインキの乗りが良いので、カラーが綺麗に印刷できます。そのためにデザイン関係やファッション関係の仕事に使うと効果的です。業界のイメージにぴったり合うので、相手に印象付けることができます。デザインにはカラー写真などを使うと、個性的なものを作ることができます。フルカラー印刷が適していますが、この場合は印刷料金が高めになります。そこでネットプリントサービスを利用することで、安く注文することができます。できればオフセット印刷を選ぶことで、高精細となる高品質の仕上がりとなります。オフセットは枚数が少ないと割高となりますが、ネットプリントであれば安めに設定されています。

非光沢系の用紙の特徴について

非光沢系の紙質の用紙で名刺を作ると、落ち着いた印象を与えます。また高級感も備わるのでビジネスマンや弁護士などの職業に向いています。相手に安心感を与えるので、新規の顧客作りに役立てることができます。用紙はマット紙と呼ばれるものですが、種類は豊富にあります。表面が独特の形状となるエンボス紙などは、特に高級感が欲しい時に活用されます。インキが沈み込みやすいので、カラー印刷にはあまり向いていません。そのために単色での印刷に向いているので、料金も安く抑えることができます。印刷もそれほど高精細とする必要はないので、オンデマンドによる格安サービスも利用できます。ネットプリントの格安サービスが利用できますし、忙しいビジネスマンでも即日受け取りができるサービスがあります。